知恵の経営について
知恵の経営について
京都府中小企業知恵の経営実践モデル企業に選ばれました!!
知恵の経営とは収益を増やす方法を見つけるための「マネジメントツール」

京都府産業は、受注量の増加など製造業を中心に回復基調にある業種も一部にはあるものの、原油・原材料高の影響などから、和装・伝統産業、小売商業をはじめ、中小・零細企業を取り巻く経営環境は依然として厳しい状況が続いています。
「知恵の経営」は、売上げを増やし、収益を増やす方法を見つけるための「マネジメントツール」です。

売上げを増やす方法は「付加価値を高める」「宣伝を強化する」など様々ですが、「知恵の経営」では、「知恵」にこだわり、これらを活かすことで売上げを増やし、収益を高める方法を見つけ出していきます。

「知恵」とは、特許権や商標権などの知的財産権や特許にはなっていない技術、ノウハウ、さらには人材、顧客基盤、ブランドなどの企業価値を生み出す無形の経営資源のことをいいます。つまり、「知恵」とは会社が持っている「強み」のことなのです。

知恵の経営に基いた、当社の実践

知恵の経営の実践方法には、京都府の公式HP「知恵の経営のススメ」で定められた実践方法があります。
上記に基き、当社が実践したものをご紹介致します。

実践その1
「知恵の経営」報告書を作成し、これに基づいた経営を行う。
実践その1
「知恵の経営」報告書を作成し、これに基づいた経営を行う。
知恵の経営報告書を見る
実践その2
上記「知恵の経営」報告書を目的に活用する。
実践その2
上記「知恵の経営」報告書を目的に活用する。
実践その3
「知恵の経営」実践モデル認証制度に挑戦する。
実践その3
「知恵の経営」実践モデル認証制度に挑戦する。
認証証を見る